うつ病 ストレス 自殺

うつ病が蔓延する現代社会

うつ病蔓延の原因は、近年のストレス社会と長年の経済不況による、経済的な生活の不安定や将来の漠然とした不安から希望のもてない人が多く存在するのが一因となっています。

 

近年では新型うつ病という症例も増えていて、これは仕事中だけうつになり、会社の外では元気というもので、若い世代を中心に増加しているといわれています。

 

また、年間3万人を超える自殺者とも関係も深刻な問題であり、国家としての対策が必要となっています。

うつ病の症状とメカニズム

うつ病の主な症状として、

  • ネガティブシンキング
  • 無気力、無関心
  • 食欲、睡眠障害
  • 身体の疲れ易さ、気力、集中力の減退
  • 自殺への思い

などがあります。

 

また、原因となるメカニズムとして、

 

ストレスから脳内神経伝達物質である、セロトニンやノルアドレナリンの分泌が減少し、意欲や活力が乏しく、無気力状態に陥ることが原因といわれています。

 

その為うつ病の改善は、ストレスを取り除くことと、ストレスに対して免疫力を高めることが重要となります。

 

人はともすればネガティブな思考になりがちですが、今の自分自身の感情に注意を払い、何事もボジティブに考えることが大切です。

 

しかし、言葉でいうのは簡単ですが、実際にボジティブシンキングを続けるのは、
ストレスの多い現代社会では大変なことですね。

 

そこで、うつから最短で抜け出す方法として有名な【プチ認知療法】を紹介しておきます。

 

うつ病で悩んでおられる方は一度確認されることをお勧めします。