糖尿病・改善と対策

糖尿病の原因と症状


糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。

  • 血糖値とは
血液中にブドウ糖がどれくらいあるかを示すもの。

  • ブドウ糖とは
血液の流れに乗って体の細胞に運ばれ筋肉や臓器で使われる、
体を動かすエネルギー源。

  • インスリンとは
体の中で血糖を下げるホルモンでブドウ糖のコントロールをしています。
食後に血糖が上がらないように調節する働きがあり、血液中のブドウ糖を体の細胞に送り込んで活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えてエネルギーとして蓄えておく働きもあります。

  • インスリンが不足したりうまく作用しないと
ブドウ糖が細胞に取り込まれず血液中のブドウ糖が使えなくなり、血糖が上がってしまい筋肉や内臓にエネルギーが運ばれず、全身のエネルギーが足りなくなってしまうそうです。

糖尿病になるとインスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなり、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれず、血液の中にあふれてしまいます。


症状としては

  • のどが渇き水分を多く取り、尿の回数や量が増える
(血液中の糖濃度を下げるインスリンが足りない為、体は濃度を下げるために
大量の水を飲んで下げようとします。
ですが、血糖値が下がらない限りいくら飲んでも尿として出る一方です。)

  • 体がだるく疲れやすい
(尿の中には糖だけでなく、筋肉や骨が溶けて出ていき、細胞や筋肉と関係の深い食塩等のミネラルも尿に出てしまいます。
このため脳に回る血液量が減り頭がぼーっとしたり体がだるくなったりします。)

  • 食欲が異常にでてくる
(糖尿病の初めの頃には、一時的にインスリンが過剰に出る時期があり食欲が旺盛になります。)

  • 食欲はあるが痩せてくる
(糖尿病が悪化してくると、糖分の変わりに筋肉や脂肪を燃料とするため体重が急激に減ります。)

  • 血液の流れが悪くなる
(糖尿病の患者さんが起こしやすい動脈硬化によって、特に足指の血液の流れが悪くなり、壊疽『えそ』という、指が腐ってしまい切断しなければならなくなることさえあります。)

  • むくみが出てくる
(糖尿病性腎症の末期になると、症状が進むにつれて血液中のタンパク質が尿中に排泄され、むくみやすくなります。) 

  • おできができたり、皮膚が化膿しやすくなる。膀胱炎や感冒にもかかりやすくなる
(血糖値が高い状態が続くと体の抵抗力が落ち、細菌に感染しやすくなります。
かかると治りにくくなります。)

  • 性欲が低下する
などの症状があります。

藤城式糖尿病改善法
荒木式糖尿病改善法

糖尿病の改善方法(効果的な食事、運動など)


糖尿病は、初めが肝心!

検査で血糖値が高いと言われたら、かかりつけのお医者さんに相談して、定期的に血糖値の検査を受ける。
それから食事や運動など日常生活についての指示を受けましょう。

そして、一度糖尿病と診断されたら改善の為に定期的に検査を受けて、血糖のコントロールが出来ているかどうかを確かめることが大切です。
血糖値は一度下がっても生活習慣が乱れるとまた上がってしまうし、放っておくと知らないうちに合併症を発症することがあるそうです。
最近は自分で血糖値を測れる道具もあります。
いずれにしても必ずお医者さんの指示に従うことが大切です。

糖尿病の予防法は、肥満を防ぐというのが最大のポイントで、肥満の基準にBMI(ボディー・マス・インデックス)というのが使われています。
これは病気が一番少ない体重を統計で割り出したもので、BMIが22の時、最も病気が少ないそうです。


計算方法は・・・

BMI=体重[  ]kg ÷ 身長[  ]m ÷ 身長[  ]m 

標準体重=身長[  ]m × 身長[  ]m × 22


BMI 18.5未満     → 低体重
    18.5以上25未満 → 普通体重
    25 以上      → 肥満

※ちなみに肥満を防ぐことは、いろんな生活習慣病を防ぐことにもなるため、食事と運動のバランスが大切です。


糖尿病を防ぐ為の食事とは

  • 食べ過ぎない事

  • 栄養のバランスをとること

  • 野菜はたっぷり摂りましょう
野菜に含まれる食物繊維は肥満を防ぐ働きをします。国民の健康づくりの為に野菜を1日に350g以上摂り、そのうち緑黄色野菜を120g摂ることを目標としています。

食事は決まった時間に時間をかけて食べましょう。
朝食を抜いたり食事時間が不規則だったり、眠る3時間前に食べるのはよくないそうです。ゆっくり、よく噛んでたべましょう。

  • 甘いものや脂っぽいものは食べ過ぎないこと

  • 一人分ずつ、取り分けて食べましょう
大勢で大皿から食べる時など、どのくらい食べたか分かりづらいため、食べ過ぎてしまう恐れがあります。

  • 薄味にしましょう
濃い味のおかずは、ご飯をたくさん食べてしまいがちなので、素材の味を活かした薄味料理を食べましょう。

  • ながら食いは、やめましょう
テレビを見ながら、新聞や本を読みながら、というのは食べた量も分かりづらく味わえないので満足感もありません。

  • 多い時は無理をせず、残しましょう

  • お茶碗は小ぶりの物を
1膳の量が減るため、食べすぎを防げます。

  • 調味料はかけずに、つけること
マヨネーズ・ドレッシングは油が多く太りやすい食品です。お醤油等の塩分は高血圧の原因になり、糖尿病を悪化させます。
油分・塩分を摂り過ぎないように小皿に取って使いましょう。

  • 食品のエネルギーを知りましょう
毎日食べる物が、どれくらいのエネルギーなのかを調べ、食品を選ぶ時食べる時の参考にすると、とてもいいと思います。

藤城式糖尿病改善法
荒木式糖尿病改善法