メタボ 糖尿病 アンチエイジング 便秘

メタボ・糖尿病・アンチエイジングに効果のある食事法

 

以前、アンチエイジングをテーマにしたテレビ番組で紹介されていた食事法なのですが、実践してみて効果が感じられたのでご報告いたします。

 

ここでは詳細は割愛しますが、その番組は、血糖値を上げ過ぎない事が老化防止に効果的であるとの内容だったのですが、実践されている糖尿病患者の方が、血糖値が下がった他、体重が減少したと語っていました。

 

血糖値を急激に上げないダイエットとして、低インシュリンダイエットが有名ですが、血糖値の上昇が少ない食事を選んで食べるのは、思った以上に大変です。

 

その点、この食事法は、普通の食事の前に野菜を食べるだけなので、簡単に実践することが可能です。

 

私の場合、実践してみて効果があったのは、血糖値とアンチエイジングについては不明ですが、初めて10日程で2kg痩せ、その後は2週間で1kg体重が減り、約1ヶ月で3kgの減量に成功しました。

 

その他の効果として、最近便秘がちだったのですが、この食事法を実践してから便秘が完全に改善されました。

 

具体的な食事内容を紹介しますと、朝は時間がないので普通に食事し、昼と夜は食事の前に、大根、きゅうり、セロリ、レタス、キャベツなどを生野菜として食べ、野菜を食べ始めてから20分から30分後に普通の食事を食べました。

 

この時、食事のメニューにキンピラやおひたしなど、食物繊維の多い野菜がある時は、生野菜と一緒に先に食べます。

 

野菜を先に食べてから、暫く時間を置くことによって、満腹感が得られ、必然的にごはんやおかずの量が減り、ダイエットにはより効果的な食事法ですので、便秘がちでダイエットしたい方は一度試してみてはいかかでしょうか。

生野菜の食べ方と効果的な運動

 

サラダを食べる時のドレッシングは、血糖値を急激に上げない効果のあるオリーブオイルを2対1の割合で混ぜ、塩コショウで味を調えます。

 

好みで、たまねぎやごまのすりおろした物を加えるとより美味しくなります。

 

また、油を採ることに抵抗のある人は、市販のノンオイルドレッシングでもいいでしょう。

 

いつも同じ味だと飽きるので、適当にいくつかのドレッシングを日替わりで使うといいですが、ドレッシングは酸味の強いものが多いので、もろみ味噌を少しつけて食べると美味しいです。

 

きゅうりやセロリなどはスティック状に切って、もろみ味噌をのせて食べてもいけますよ。

 

次に運動を併用する場合ですが、ウォーキング自転車など、簡単にできるものを食後にすると、上がった血糖値を下げることができるので、効果的です。

 

食後30分から1時間後にするのが理想的ですが、時間や場所の問題もあるのであまり気にしなくてもいいでしょう。

 

また、適度の筋トレも基礎代謝を上げるのに効果的ですので、あまり負荷を掛けない程度で実践するのも効果的です。

 

何れの場合も、ダイエットで最も大事なことは続けることで、嫌になって止めてしまっては元も子もないので、過度の運動は禁物です。

 

3つのK肩甲骨・骨盤・股関節をエクササイズ