高血圧・改善と対策

高血圧の原因と症状


血圧とは、血液が血管の中を通る時の血管にかかる圧力です。
心臓から血液を送り出した時に血管に強く圧力がかかる時、これを最高圧、血液を送り出した後に心臓が広がり圧力が一番低い時、これを最低血圧と言います。

高血圧の基準は、最高血圧が140mmHg以上
または最低血圧が90mmHg以上だそうです。

原因がはっきりとは分からないことが多いらしいのですが、生活習慣と遺伝的な体質が関係しているとされています。

血管に強い圧力がかかりすぎて動脈に負担をかけ、血管や心臓に障害をもたらすのが高血圧の怖いところだと思います。

高血圧は、ほとんど症状がなく長年かかってひそかに血管を蝕んでいくため[サイレント・キラー(沈黙の殺し屋)]とも呼ばれているそうです。


症状として
  • 脳神経・腎臓・心臓・消化器系統などにあらわれるようですが、持続しないことが多く他の疾患と勘違いしてしまい見逃しがちだそうです。


一過性の自覚症状としては
  • 頭痛・頭の重み
(後頭部や延髄の辺りに痛みがでます)
  • めまい
(低血圧の場合に起こることが多い。高血圧の場合は、脳卒中と関係している場合もあり)
  • 肩こり
(血流障害→動脈硬化→高血圧と間接的に関係している可能性があるため、運動不足や慢性疲労に注意)
  • 耳鳴り
(高血圧の場合、脳動脈硬化の可能性もあるため、早期発見が大切)
  • 動悸・息切れ
(高血圧の場合、心臓が肥大すると冠状動脈からの血液供給量だけでは 間に合わないため運動や階段を上がったりするだけでも、動悸と息切れをおこします)
  • 胸の痛み
(高血圧と動脈硬化が進行すると狭心症になり胸に痛みを感じます。放置すると心筋梗塞になる可能性もあり、心臓付近に激痛があると命も危険にさらされます)

高血圧の改善方法

高血圧の予防や治療に重要なのは、食習慣生活習慣だそうです。

実際に、生活習慣が改善されると血圧を下げる効果があり、
その主な項目は
  • 食塩摂取量を制限する
  • 適正体重を維持する
  • アルコール摂取量は適量にする
  • 適度な運動療法をする
  • 禁煙
  • 脂質(飽和脂肪酸やコレステロール)の摂取量を制限する

食塩を取りすぎると血圧が上がることは多くの研究や統計から明らかにされてますが、個人差があって、食塩を多くとっても全く血圧が上がらない人もいるそうです。
しかし食塩を取りすぎると胃がんになりやすいことは確かだそうです。

減塩は
  • 左心室肥大という心臓の病気やたんぱく尿の程度を軽くする
  • 動脈の柔軟性を高める
  • 降圧薬の効果を高める
  • ナトリウム排泄に使われるカリウムが失われるのを防ぐ
などの改善するには、よい点が多いので効果はあるそうです。

ちなみに日本人の成人に勧められている1日の塩分摂取の目標値は
・男性10g
・女性 8g
[2005年]

高血圧患者では、もっと厳しくて日本高血圧学会の定めた目標では1日6g未満となってます。
[2009年]

日本人の平均摂取量は、1日11g~12gなので高血圧の人は半分程減らさないといけないことになります。

どうしても無理な場合せめて1日の塩分摂取の目標値を達成したいですね。

※塩分10gは小さじ山盛り1杯

食パンやおすし、加工食品や外食などには意外と塩分が含まれてるのでご注意を。

体内の余分な塩分を排泄する作用があるミネラルが、カリウムです。

高血圧の改善を考えてる方は塩分を摂る量を少なくする事とともにカリウムをしっかり摂ることが重要だそうです。

藤城式高血圧改善法